请在下载在前象征,象征和新颖的是相似的的。,高水平紧缩的在线象征图片,下载开始的更不寻常的。

下载包装列表

古畑漏:在《唐会要》的使蔓延快跑详述。

文档绍介:
96?『唐舎要』の流停に閲する一调查はじめに中園における『唐禽要』详述をめぐって 1 中園現存の諸容许复制的 2 宋代における『唐禽要』の流俸三諸書所引の『唐曾要』をめぐって-『永祭教士』所引『唐曾要』 2 唐pinmu玉海领到 3 『事物紀原』等書所引『唐曾要』四おわりに||仮設の线索 t 土めじ古畑徹- 96 (1 建隆二年(九六一)确立或使安全の金斯湾『唐曾要』一百巻の遁行本である武英股褒珍版本(以下、殿版と略す〉系統の諸本は誤りが多く、その应用に嘗つては東京?静嘉堂文庫所臓明容许复制的(以下、静嘉堂容许复制的と呼ぶ)や諸書に援用された『唐舎要』の記事を参照することが大声喊である、と开始に斥责したのは卒阿壮士氏であった。その後、島田正郎氏によって蓋北?園立園舎園書館所臓の嘗容许复制的二種(以下、华北区的副本、愛北 B 容许复制的と呼ぶ)が紹介され、蓋北 A 容许复制的は四庫全書本(以下、四柯本と略す) の蓝本とな司た在啓淑家蔵本そのものであることが明らかにされた。また、島田氏は殿版を四柯本と同じものと見なし、四柯本と蓋北 A 容许复制的を封校し、四柯本が四庫全書館での唐朝諸历史数据との綿密な劃校作業を経て确立或使安全したとの見解を示された。較調査し、四柯本、静嘉堂容许复制的、蓋北 A 容许复制的、蓋北 B 容许复制的の五種のテキストを比その結果を「唐舎要の諸テキストについて」と題して一九八九年に護表した(以下、拙稿 A と呼ぶ〉。そこで明らかにした次要な事項は以下の通りである。①静嘉堂容许复制的は明容许复制的ではなく清康照容许复制的である。(2)植被北境 B 容许复制的は康照先前の容许复制的で、ここから静嘉堂容许复制的と蓋北 A 容许复制的(康照容许复制的)が涯生した。③殿版と四柯本は出現わらないという、通設は誤りで、別系統のテキストである。④四柯本は葦北 A 容许复制的をかなりそのままに轄寓し、依損比を「別本」から補入して确立或使安全したかつて筆者は、これらの見解を踏まえて、殿版、と设想されるが、巻四九後半五項目だけは「別本」にもなく、飲したままとな司た。⑤殴版は一名『御定重刻唐舎要』といい、清初にその在が確認できる刻本を蓝本に(この黙については本稿で几の符合公认准则的を行う)、四柯本や『珊府元亀』等の唐- 97 代历史数据を使って校訂?補入したものと设想されるが、その校訂には問題がある。很の效果に基づいて諸テキスト聞の閥係を園示すると、圃ーのようになる。これらの事寅は『唐舎要』のテキストに射する通念を大きく襲えるとともに、卒岡氏の斥责の根本を再確認するものとな司た。しかし、拙稿 A では検討できなかった問題が二つあった。一つ目は、容许复制的の历史数据としての特点や債値の問題である。殴版の系統を引く普遍的本がテキストとして必ずしもよくないことは論じたが、容许复制的系のテキストが『唐舎要』の典型に近いのか否かなど、特点?債値を論じる場合に最も肝心な貼が検討できなかったのである。これでは容许复制的系のテキストを应用するうえでの手績きが不充分である。二つ目は、他の諸書に援用された『唐舎要』の記事が、四柯本や殴版の确立或使安全時に行われた校訂作業で应用されたか否か『四庫金書』編纂時に『、氷祭教士』が大いに应用され、その中から散逸していた書物が復元されたこ 97?という問題である。 98托儿所? 1年来,康伟?一本- Jingjiatang ashikita B 容许复制的← O l 一、康照年乾隆46年:一芦 A 容许复制的 118 – 訂?補入)|←四柯本↓?巻七 J 十号92秒? J 94上胶料(以附加物四不到) 径七 J 十?巻九四刻本〔清初には在〕↑〔嘉慶初〕(校訂?補入)|←殿版とはよく知られている。这么,LJ 92号,二 J 径九一一一検討を経ぬまま、四柯锻炼訂時に『永楽教士』を应用しなかったとは结束できない。ま- 98 『加府元亀』等の唐朝历史数据た、殿版确立或使安全時の校訂?補入において『加府元亀」などの諸历史数据が应用されたことは拙稿 A で明らかにしたが、その時に諸蓄に援用されて残されていた『唐舎要』の逸文が应用されたか否かについては検討できなかった。もしこれらの校訂作業で逸文の应用が確認されると、テキストの特点?慣値に大きく影響する。この二つの問題を解くには、諸警に援用された『唐舎一安』の記事を調査?整编する大声喊がある。また、この調査?整编は、未だ充分ではない諸書所引の『唐舎要』記事の应用を促進するという黙でも意味がある。そこで、から手を付け、その效果は「『永祭教士』所引『唐舎要』記事一覧」まず『永祭教士』(5 と題して公表した(以下、拙稿 Bと呼ぶ)。その後、『玉海』『事物紀原』『賀治通鑑考異』『太卒御覧』『太卒贋記』などの調査?整编を行い、現在その最終段階まで来ている。その結果、右記の二つの問題についての見通しが立つとともに、『唐曾要』の宋から清までの流傍過程がある水平面見えてきた。本稿は、諸書所引の『唐舎要』記事の朕況についての总结を紹介しながら、先の二つの問題を考え、かつ流停過程についての一回収説を线索しようとするものである。ただし、この作業中に、中園で『唐舎要』のテキストをめぐる详述が二つ護表された。これらには流停過程を考えるうえで观察所得すべき效果が見える。そこで、まずこの中園での详述についての検討を行い、それを踏まえて諸書所引記事の検討へ移っていきたいと思う。中闘における『唐曾要』详述をめぐって l?中園現存の諸容许复制的中園で護表された二つの详述とは(以下、(6 「初探」と略す〉と一九八九年に護表された鄭明氏の「《唐舎要》初探」九九岁に刊行された『唐舎要』上海故书出版社本の「新采用的东西」である〈以下、「新采用的东西」と呼ぶ)。「新采用的东西」の著者はこの本の標骗子作者である上海枇舎科撃院歴史详述所刚刚发生但不成为新闻的事详述室で、寅際には一九八六年六月に書かれたものである。「初探」で本稿と深く関わるのは、中闘に現存する六種の奮容许复制的||北京的旧称国書館所職本三種〈 a-b ? c 本〉と上海国書- 99 贮藏室,三(D-E ? f 本)ーーを紹介?検討した貼である。特に北京的旧称閏書館所臓本三種は、拙稿 A の追記で、蛍時稔入されたばかりの『北京的旧称国書館故书刻本書目』を基にその加数?行格等を紹介し、拙稿 A で扱った三容许复制的(以下、この系統の容许复制的を華北B容许复制的系容许复制的と呼ぶ〉とは異系統の可能性があることを斥责しておいたものである。(以下、各々を「初探」の呼稽に基づいて北京的旧称 a-b-c 容许复制的と呼ぶ)について、まず北京的旧称園書館所菰本三種『北京的旧称国書館故书刻本書目』及び「初探」の效果に基づいて各容许复制的の要素を紹介しながら、葦北 B 容许复制的系抄木との関係を调查してみたい。北京的旧称 a 容许复制的は、全十二加の残本で、現存四十巻〈巻一よニ?十二 l 十五个人组成的橄榄球队?二十 1 一一一一一?二八 J 三九?六六 J 七二?七六 J 八五)。行格は十行二十字前後。書瞳は精致で、一人の手に成るものではなく、誤字も数えきれないという。北京的旧称圃書館では明容许复制的と見ており、鄭明氏もその「陳嘗断续的」の外観を根擦にこれを必定する。鄭明氏は、普通論として明容许复制的の書盟?瞳裁 99? 100?の拙劣さにも言及しており、この貼も根按になっているようである。筆者が观察所得したいのは巻首の
从厦门装阀于网转载请选定出处。

Leave a Comment

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注